こんにちは未登録

◆ カテゴリ

未分類 (0)
情勢まるわかり!            柳沢清のワールドステータス (23)
穏やかな部屋 (1)

◆ 最新記事

◆ 最新コメント

◆ 月別アーカイブ

◆ 最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北条家
北条家の立場
真紅開始当初から、内外ともにスムーズに同盟締結となった北条家。
その背景には烈風側の北条家を感情的に推す声と、徳川家への同盟打診を通したい将星側の思惑がありました。
北条家から見れば引き続き武田家と同盟関係を続ける事は歓迎であったと思いますし、
仇敵のような存在の今川家との合戦も、武田家の後ろ盾と上杉家との不可侵協定があれば万全です。

感情的にも国益的にも合意した同盟は、当初は運営同士でも密な連絡が取り交わされていました。
武田が北条家の支援を必要としている事もよく理解してくれていたと思います。
ならびに武田が行っていた「徳川家への配慮として今川家への進軍見合わせ」についても
不満は少なからずあったと考えられますが、それでも協力を継続してくれました。
一方、武田は援軍から進軍の自粛までを協力してくれる北条家に対してなにができたかと言えば、
実質的にはなにも助けになるような事はなかったかと思います。

ただし「武田が徳川家と協力し、浅井家や斉藤家と戦っていて、西国の矛先も北条家に向かない」という
情勢の下では、少なくとも北条家は安全がある程度確保されます。
今川家への進軍自粛も、徳川家が今川家に対する姿勢を決めれば、超えられるハードルでした。
徳川家としては今川家との関係をはっきりさせてしまうと不利益な要素しかなかった為、
あえて態度を保留にし、三好家が駿河から遠征を行った際も態度は変わりませんでした。
北条家は「今川家は西国側の国であり、進軍しても差し支えないのでは」と主張をしても、
今川家を敵に回したく無い徳川家は、その部分はグレーゾーンとして配慮を求めました。
一時は北条家も進軍を踏み止まりますが、後に今川家を西国陣営とみなし進軍します。
これに対して徳川家が徳川家に事前通知がなかった事を理由に抗議。
北条家にしてみれば「遠征に加担する国を放置する訳にはいかない」という事情もありましたので
両国の関係に摩擦が生じますが、結果的に徳川家がこれを認める形で収拾します。

北条家の本格的な今川家侵攻が始まってまもなく、今川家に動きがありました。
今川家は一人のリーダーが国を引っ張る、いわば独裁色の強い国でしたが、
そのリーダーが音信不通となり、新しいリーダーが登場します。
これまで断固として反武田・徹底抗戦の立場を取っていた今川家の方針がぐるりと変わり、
滅亡回避を第一とする方針になります。
当時の今川家は、北条家とは交戦状態、武田とは対立状態、徳川家も今川家を西国とみなしてからは進軍候補として挙げていました。滅亡回避を模索する今川家のリーダーはこの3国と交渉に乗り出します。
私も同席した交渉の場では、相互の事情の確認からでしたが、今川家は滅亡回避の為に領地を割譲する事を提案していたので、3国が納得する形での分配は時間的にも内容的にも難航すると考え、「北条家に降伏して、領地に分配は北条家に委ねてはどうか」と私から提案しました。
結果的に、今川家は北条家に降伏、領地は駿府と興津を残しその他は北条家が管理を行うことになります。
北条家としては、「今川家が北条家に降伏して領地を頂いた」と解釈していたと考えられます。
武田や徳川家にしてみれば、進軍可能な領地に手が出せなくなってしまう上に、拠点戦の減少も懸念されました。

私はこの辺りから武田と北条家の関係は悪くなっていったと考えています。
まもなくして武田から拠点戦確保と3国の摩擦回避の為に「遠江の中立化」を提案しましたが、
北条家はこれを断固として拒否。北条家内部では「北条家管理の今川領地に武田は介入すべきでない」という世論になります。徳川家は「武田家に分配があるなら徳川にも」という姿勢でした。
最終的に「北条家の主張を全面的に受け入れる代わりに、北条家は接収のタイミングを配慮する」形になりました。しかし見解の違いから生まれた反感は、以後の援軍が目減りしていた事を考えれば大きかったと思います。

同盟国として感情的には離れてしまった両者ですが、実際の同盟は続きます。
北条家にとって武田との同盟は安全保障上重要であり、その安全が脅かされる事がない限りは同盟関係は続けるものと思われます。その北条家もつい最近、上杉家からなにか提案があったようです。
具体的には開示できない内容であるようですが、これまでオープンだった両国の連絡が変わりつつあります。
上杉家は徳川家との同盟が解消となっている為、これを北条家にと考えていると推測されますが、
同盟以外にもなにか打診がある可能性が高いです。それについては北条家は意見がまとまらないとも聞きます。

武田と北条家の同盟は、平たく言えば北条家は安全を求め、武田家は信頼できる関係を求めていると言えると思います。北条家は西国の矛先が向かなければ良いと考えているのかもいsれませんが、武田家は北条家が信頼に値する国と認識できるかと言えば、今の方向ではノーに近づいています。
私はお互いの意思確認が必要な時期に来ていると思います。
武田家はこれまでお世話になった恩に報えるように、信頼できる北条家を期待したい。
北条家はその方針がどうあれ、考えをオープンにするべき。
このふたつのどちらかが欠けても、この同盟は継続が難しいとみています。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
和平交渉その後
土曜日、浅井家において「武田家との無条件での停戦」が決定した模様です。日曜日には斉藤家が「武田家との停戦に条件を設けるかどうか」について検討するようです。今日は停戦の経緯を振りたいと思います。

発端は東国連合会議だった
武田家が美濃を攻めている頃、上杉家の日和見さん主導の下で上杉家・武田家・北条家・徳川家・本願寺・伊賀忍の会議関係者を集めて「東国連合会議」なる私設会話がスタートしました。
日和見さんは発足の理由を「より緊密な連絡や意見交換の為」としていましたが、上杉家が交戦している雑賀衆が同盟を組み替えた事で上杉家が手をこまねいており、お困りであったようです。
私は「そもそも上杉家は第3勢力を謳っていたのに、なぜここへ来て東国連合?」というスタンスで望みました。
内容としてはやはり、「日和見さんからの要望のコーナー」となっており、日和見さんの上杉家を思う気持ちは伝わってきましたが、他勢力の人間としては虫が良すぎるようにしか見えませんでした。
私は基本的にこの私設の意義そのものに対して懐疑的でしたが、毎週月曜と木曜に定期的に行われたようです。そうした人間がいるせいかわかりませんが、当初は実質的には機能していない状態でありました。
まもなくして、徳川家が三好家の領地割譲に目処が立ってきました。となれば徳川家は次の進軍目標を考えなくてはなりません。今川家の領地は武田家も徳川家も分配なしで合意していましたから、「上杉家を援護する為に雑賀衆への進軍」が見えていました。西国の新体制に苦戦する上杉家本願寺と、進軍先を確保したい徳川家の利害が一致します。
しかし実際には窮地にあるのは本願寺でした。、上杉家は大和で一進一退という情勢で、日和見さんは「徳川家に雑賀衆を受け持ってもらい、上杉家が足利家の相手をする」事で本願寺を救えると考えていたようです。私には「雑賀衆を徳川家になすりつけて、より勝算のある足利家と戦う」としか聞こえませんでしたが。その事自体は徳川家が買って出るのであれば問題ないですが、「本願寺を助ける為」という言葉に引っかかるものがありました。当の本願寺の方はあまり発言しませんでしたが、なぜ上杉家は援軍してでも対抗しようとしないのか、なぜ上杉家が助かって本願寺が助からない構図を提案するのかは最後まで払拭される事はありませんでした。

浅井家との停戦は可能か
東国連合会議の場でなにかを決定する事はできませんが、会議関係者というのはそれなりの信頼を得ている国も多いので、大方の見当はそこでつくものです。
徳川家が雑賀衆に攻め込むという事は、当然ながらその週は援軍が得られません。もちろん徳川家もその事情に則っていますのでその部分は干渉すべきではないと思います。しかし、長島戦で見る限りでは浅井家斉藤家の勢いは武田と紙一重な所であり、徳川家の援軍なしでは負けていたと言える程でした。
これまでも「徳川家が進軍する週」はありましたが、西国側からの反撃がなかった為、この問題を心配する声は多くありませんでした。相手に攻める予定がなかったのか、ぎりぎりで決めていたからなのかはわかりませんが。
同盟を繋ぎ止める為に徳川家の方針は干渉するべきではないが、武田も手を打たなければ反攻のリスクが増えるだけと考え、まずは浅井家との停戦は可能なのかだけでも脈を探りたい所でした。
西国陣営所属の運営の方を通して浅井家の筆頭の方と会話をし、浅井家にメリットがある話なら問題ないとの見解だったので、徳川家が雑賀衆攻めを実行するのであれば停戦も視野にと改めて考えました。

停戦プラン
当初は、武田は浅井家斉藤家と停戦し、上杉家に対して共同戦線を構築する事を考えていました。領地を失っている斉藤家はともかく、同盟国支援に力を入れている浅井家は雑賀衆と上杉家の戦いに間接的にあるいは直接的に介入しやすくなりますし、武田は進軍先が確保されるだけでなく、天下戦で西国の応援が得られる事も見込めるからです。武田と上杉家の間には不可侵条約がありますが、「武田の合戦を求める気持ちは、上杉家との不可侵を上回る」と思っての事です。約束をこちらの都合で一方的に破る事は不義理な事ですが、義理を重んじている勢力が少ない事、信用よりも事情が優先なご時世であるのを考えれば、上杉家の遺恨を買ってでも合戦する価値があると考えていました。
この内容を武田家の会議で提案し、「停戦」「上杉攻め」の2点の是非が焦点になると思っていましたが、「そもそも天下を目指すのか」という所からの議論になりました。結果として、「武田家は天下を目指したい、けれども手段を選ばない方針は取りたくない」というのが第一段階、「武田家は停戦せずに天下を目指す。」というのが第二段階、最終的に「武田は天下を目指す。停戦交渉する」となりました。
会議に参加していてよくわかりましたが、武田の今後を考える人は少なくなっていて、具体的な提案が出た事が考えるきっかけになった感じがあります。「天下は目指したいけど、停戦はしない」という意見が多くなるのも、状況がよく理解できていない為に至る考えなのでしょう。天下にはそれほどの魅力はありませんが、共通の目標がない武田にはそれを目指す事が必要です。状況が許せば義理やプライドを張る事もできますが、残念ながら情勢はそこまで甘くありません。武田にとって必要なものが共通の目標であるならば、天下を目指すべきで、天下を目指すなら感情よりも優先しなければならない事もあると思います。

浅井家・斉藤家への打診
武田家からの申し出は、浅井家斉藤家の合同座談会にて検討された結果、停戦が多数となったものの、斉藤家側から無条件での停戦は承諾しかねるとの意見が少なくなく、条件の有無とその内容に付いては再検討となります。
そして今日に浅井家が回答をだしました。斉藤家はこれを受けて無条件で承諾となるかと見ています。同盟については協力に参加する国の事情をふまえて攻勢案を見出していく事になります。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
武田という国2
武田という国2
前回述べたように、武田例えるなら肥満体質の巨漢です。
各自が思うがままに戦い、節度も弁えない自己利益中心主義とも言えるでしょう。
武田家に所属はしていても、武田の為が自分の為と考えている人は少なくなっています。
と、これまで口を極めてきましたが、今の武田の良い所は「他国に比べて制限が少ない」という部分にあると思います。
どの国も好き好んで制限を設けている訳ではないので、それをしなくてもやっていける地力があるのは非常に恵まれた事だと思います。しかし今の体質では、いわゆる「脂肪」の部分にあたる人は自由を謳歌できても、「筋肉や骨」の部分にあたる人への負担が大きすぎます。脂肪の部分にあたる人は悪気はないとしても、筋肉や骨にあたる人から見れば「味方なのに非協力的」に見えてしまします。もちろん、脂肪にあたる人は戦果も稼ぐという点では、勢力に貢献していますので、排除されるべき存在ではないと思います。
ただし、勢力を支えている人への配慮を心がけるようにしなければ、脂肪体質に拍車がかかります。
今のところ合戦は優勢に推移していますが、それも自己の利益を省みない行動を惜しまない方の支えがあってこその結果ですので、筋肉が落ち骨がスカスカになれば脂肪の塊になり、その状態では正に数だけの国になってしまうでしょう。
実際には既に脂肪体質化が進んでいて、そう遠く無い将来に無秩序な国になる事も想像に難くありません。
それを防ぐ程度の心配りは難しくないと思うのですが、果たしてこのままで良いのでしょうか?
せめて、一部の大きな負担の上で今の自由が成立しているという事を認識するべきと思います。

タイトルに戻りまして、今の武田はパワープレイ型で卑怯なやり方は善しとしない国です。
高度な戦術は取れないものの高い戦力を持ち、信義を捨てずにいられるという恵まれた環境です。
周囲の国への感情としては、同盟国に対しては期待と信頼あるいは感謝の気持ちが強いです。
この気持ちに対する部分では必ずしも応えてもらっているとは考えていませんが、それでも信じたい、期待したいという考えを持っています。
具体的には、北条家には戦力面ではあまり期待はしていません。厚い信頼関係による戦略面での期待が最も高いです。
今川家の領地の扱いの件で武田と摩擦が起きて以来関係は冷え込んでいますが、武田との同盟は安全保障上必要と考える間は、北条家は武田の合戦を優先して支援する方針を取ると思います。
そして徳川家ですが、武田は主に2つの期待を寄せています。ひとつは武田の味方であって欲しい、西国に味方しないで欲しい、というもの。もうひとつは同盟国として頼れる国であって欲しい、というものです。
具体的には、武田が徳川家と同盟を続ける理由として、「徳川家が西国に付かない事」が非常に大きいです。
そして、「西国に対抗するにあたって徳川家の支援は武田の生命線」でもあります。
現状では、徳川家の支援は大変厚く、まさに徳川家のおかげで今の武田のポジションがあると言えます。
ですが、借りはあっても貸しはありません。武田は徳川家を繋ぎ止める為に、懸念や要請を遠慮してきました。
本音としては「浅井家や斉藤家を攻めて欲しい」等が主ですが、徳川家の動きからその気運が感じられない事もあって言葉を呑んできました。元来、武田と浅井家斉藤家の合戦は徳川家は直接関与していないので、劣勢でもなければそれに巻き込む訳にもいきません。
徳川家の姿勢がそうであっても、武田は生命線の徳川家を繋ぎとめ、できれば信頼関係を築きたいと考えています。
敵対国に関しては、特に理由があって合戦をしている訳ではないので、「現在戦っている勢力」という認識に過ぎず、大きな憎しみという憎しみもありません。
合戦があるうちは油断できない敵国という構えになりますが、その気配も緩みつつあります。
第3勢力を謳っている上杉家については不可侵は結んでいるものの、協力や連絡はなく、「敵対しない約束がある隣国」という認識です。
おおまかに私から武田を説明すると、以上のようになります。
委細については今後、最新の情勢をお伝えする時に併せて書いていこうと思います。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
武田という国
武田という国
情勢を考える上で必要なものは色々とありますが、全てはまず自分の国の状況からと思います。
今日は、真紅武田家という国について考えてみました。
武田家は、なんと言っても人口第1位の大国です。抱えている一門の数も多く、戦力的にも非常に充実しています。
合併後の人口比では将星も少なくはないものの、他国と同様に烈風が高い比重となっています。
その反面、戦術面における練度は平均すると高いとは言えず、方針の取りまとめも非常に難しくなっています。
周囲の国から見れば、「武田は質は低いが数は多いので、戦力は高い」という見方が多いと思います。
これについては正にその通りで、原因としては「質の低さを数でカバーできる状態」であった事が考えられます。
武田は「自由に恵まれた国」と表現するのが適していると思います。制限がないという意味でも、制限する事ができないという意味ではありますが。通常は、合戦等で負ける場合は数が少ない方です。双方が同じような人間で、同じような戦法であればやはり数が多いほうが優勢になります。しかし、負けた側は次回勝利する為に工夫をするものです。具体的には「統制」です。規律なしで戦うよりも、統制を取って効率的な動きをすれば数で互角以下でも勝負になる事があります。
統制には個人の自由を制限する要素と、所属勢力への貢献を実感しやすくなる要素を併せ持っています。
人によっては自由のない窮屈な国になりますが、連帯感の味を知った人には麻薬になります。
自国が危険な時、たいていは団結を迫られ自然に統制が敷かれます。これは「生き残り」が共通の目標になるからです。
優勢な国というのは、共通の目標の有無で全く性質が異なりますが、基本的に余裕があれば統制はしません。
統制は必要に迫られた時に自然に生まれる事が多いですが、統制がある国とそうでない国では前者のほうが効果的な戦いをしています。
武田が強くなるにはどうすれば良いかを考える時、「全体主義」を取り入れる事が一番効果があると考えています。
先ほども述べたように、全体主義は個人の自由よりも全体の利益を目指します。これまで「自由」でやってきた方は身構えるかと思いますが、そもそも「個人の自由」における面白さとはなんなのでしょう。
少なくとも、合戦は団体戦です。誰が陣を落としたか、誰が守ったかよりも、結果としての勝ち負けで一喜一憂しています。
もちろん、武将を討ち取るのが楽しいという部分では、楽しみはあると思います。
しかし、団体戦の醍醐味というのは「連帯感」が一番大きなものではないでしょうか。少なくとも私は、武将を倒してポイントをもらうよりも、武田の勝利を目指してそれを味方と共有した方が面白いと感じます。
検分によってポイントだけを欲する人は増えていますが、武田が検分が貯まりにくい戦況になった時、武田の戦力は大きく低下するでしょう。つまり、今の武田に必要なのは検分よりも連帯感を求める人であり、またそれが馬鹿を見ない雰囲気が求められていると思います。誰か1人が勢力の為にがんばっても、まわりの10人が検分だけに熱中していては、報われませんから。
せめて5人は検分に夢中でも、2人は連帯感を持っていられる雰囲気にしなくてはなりません。その比率が上がれば上がる程、武田は骨太になっていくのです。
長くなってしまったので、続きは次回に書きます。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
はじめに
はじめに
真紅サーバー開始から、早くも9ヶ月が経過しました。天下人システムの導入によって勢力の利害が複雑化し、激動の時代に突入しています。
サーバー開始初頭は、勢力の融合の過程でもありました。合併前後から、各勢力でその内外での体制の調整が始まり、スムーズに移行した勢力とそうでなかった勢力で戦略的に大きな差が生まれました。
当の武田家では、将星と烈風で情勢が真反対と言えるものであった為に、より慎重でお互いの合意を目指す体制作りを目指しました。しかし、実際には「お互いの感情を確認した」に過ぎず、滅亡を回避したりあるいは勝利を目指すには、武田家の一方的な感情だけではうまくいくはずはありませんでした。
「武田としてまとまる事が先決」という意見と、「情勢と武田の戦力を見極めた上で判断を」という意見の対立があり、両者の主張はしばらく平行線を辿ります。
結果的に、主に浅井家が武田家を目標とした包囲網の形成が取沙汰され、「これに対抗する戦略を」という、現実主義的な意見にまとまる事になります。まずは、烈風で関係が親密であった北条家との同盟が締結。次に烈風側では難色を示していた徳川家への同盟の打診を決定。徳川家は浅井家からのオファーもあったものの、武田家に味方する事になりました。
しかし、徳川家は同時に上杉家と結び、その同盟国である本願寺と共に第3勢力寄りの立場を取りました。浅井家とは直接対峙する事はないが、武田に味方するというものですが、これが武田家の生命線となります。
また、武田家は上杉家と不可侵条約を結びました。これは、合併前の戦いの泥沼化を避けたい烈風側と、友好的な関係を希望する将星側の意向に沿って武田から提案され、受諾となりました。
こうして真紅サーバーは、浅井家を盟主とし西国諸国がこぞって参加する「西国連合」と、武田家を盟主とし西国連合に対抗する「武田同盟」、そして交戦国が西国である事から東国寄りの「第3勢力」の3つの陣営に分かれます。
実際に戦いが始まると、統制の取れない武田は敗れ領地を失っていきます。小手先の戦略も裏目に出て失敗し損害を出しました。もちろんこうなる事は覚悟の上で戦っていましたから、武田自体は問題はありませんでした。
そして、徳川家は織田家との戦いを優勢で進め、本城まで追い詰める所まで至ります。
名古屋攻めは織田家の多数の参戦で失敗に終わりましたが、すかさず講和をして泥沼化を回避。その後三好家を攻撃し、領地の割譲を取り付けています。
上杉家は雑賀衆と領地交換を取り決めていましたが、仕様的に破綻。以降はそのまま雑賀衆と戦う事になりました。徳川家の支援を得て戦いを優勢に進めていましたが、皮肉にも徳川家の攻撃で西国を離脱した勢力の影響で相手に反撃体制が敷かれ、厳しい局面となっています。
西国連合においては、当初の「武田家の打倒により天下が狙える」という望みも、武田の巻き返しによって現実的では無くなっています。浅井家は同盟国の支援を第一に考えるようになっており、武田があえて矛先を向けなければ他にも侵攻先はあるという状態になっています。
ここに来て、武田は「なにを目指すべきか」を問われていると思います。天下を目指す以外には武田がまとまる方法は今の所は見えてきません。むしろ、天下を意識しないという事になれば今の武田の戦力は大きく低下する事になると思います。
なにを目指すべきか、それを実現する為にはどんな行動が必要か。冷静な判断が求められています。
人によって様々な考え方がありますが、感情を常に優先した戦略を取れる程の力は今の武田にはありません。
むしろ武田がまとまる事でより強くなれば、そういった戦略も可能になってくると思います。
情勢がどう動こうとしているのか。そして武田の立場はどうあるべきかを考えながら読んでいただければ幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
世は並べて事もなし
ブログはじめました。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

◆ カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

◆ 検索フォーム

◆ RSSリンクの表示

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ QRコード

QR

◆ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
23732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8470位
アクセスランキングを見る>>


copyright こんにちは未登録 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。